通信の進化と生活の進化を考えてみよう

ADSL回線とひかり回線の比較

以前のインターネットの通信方法としては電話回線でしたが、最近ではADSL回線やひかり回線が主流です。
その違いを知らないとパソコンを購入する時に困る事があります。
お店の方に、インターネット接続のためのプロバイダを進められますが、ADSL回線とひかり回線の違いを知らないと、思わぬ失敗をする事があるので注意が必要です。

ADSL回線はインターネットを接続する場所により通信速度が遅くなります。
これは、伝送損失という現象によるもので、インターネットを接続する自宅、会社の場所がNTT基地局から遠ければ遠い通信速度が遅くなる事があり、他の方が通信すると、影響を受け、自分の通信が遅くなる事もあります。
また、通話中のノイズや、家庭の電化製品によるノイズの影響を受け、通信が上手くいかない時もあるようです。
対して、ひかり回線は光ファイバー専用回線を使用し基地局が不要となるので距離や外的要因による影響は受けず、安定した速度を保つ事ができます。
ノイズに関しても、信号の減衰が少ないために、上り下りに関係なく最大100Mbps前後の速度を維持し続けることができます。

申込をした時の工事期間に関しては、ADSL回線は、通信に従来の電話回線を使用するため、工事の必要がなく1〜2週間程度でインターネットが開通できます。
ひかり回線は光ファイバーを引き込み必要があるので、あらかじめ引き込まれているアパートやマンション等では、約1週間で開通となる事もあり、引き込まれて無い場合は工事が必要となるので1〜3ヶ月程度の期間が必要となる場合もあるようです。
この記事をお気に入りに追加する
Copyright (C)2014通信の進化と生活の進化を考えてみよう.All rights reserved.